自分の分身を育てる勇気

みなさんの中でもお子さんをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。筆者にも幼稚園の娘と、もうすぐ2歳の息子がおります。共に悲しいほど内面が「私そっくり」(笑)比較的おっとりな旦那に性格はやや近いほうがよかったなぁ、と思いながら、帰りの遅い旦那のいない時間、日々怒鳴り散らしながら生活してます。しかし、しつけながら叱りながら「これって自分に言い聞かせてる?」と思ってしまう瞬間も実は少なくはありません。自分の体から生まれた子供たち、その「分身」を育てるって、自分の悪いところは似ないように、そして自分が言っても説得力がないと困るので色々な勇気が必要な作業だな、って思いませんか?

いいこととダメなことハッキリ説明って難しい!

「あれはダメ!」「これはダメ!」と、ついつい何でもダメって言いがちではありませんか?汚される,壊される恐ろしいものです、悲惨な光景を思い描いてしまう自分、分かります。でもどうしてダメなのか、どうしてこうだったらいいのか、それを説明してあげないと子供たちは漠然としすぎて「なんでもダメって言われてるんだな」と思ってしまうこともあるようです。大人の頭では当たり前であっても、子供たちの頭では繋がらない事は案外多そうです。簡単でもいいので、ダメなこと、いいことの理由は説明してあげましょう。

良いことをしたらいっぱい褒めて!

子供はママからの「ギュッ」が大好きです。良いことをしたり、お約束を守った時にはたくさん褒めてあげてギュッと抱きしめてあげましょう。そうすると子供は、自分がしたことでママが喜んでくれていること、これをすればまたママは喜んでくれる,ということを頭にインプットするのです。そしてママの笑顔を見たいために、そしてママからのギュッをしてもらうために同じようにまた約束を守ることでしょう。その時に何が良いことだったのか、それを分かりやすく短くお話してあげると、子供は「これをしても褒めてもらえるかな?」と自分なりに考えて褒めてもらうネタを探すようになるので、家族みんなでニコニコ出来る,ステキな家庭が築けることでしょう!

ベビー用品のレンタルのメリットは購入するよりも安く借りる事が出来るという点です。ベビー用品は短期間の使用ですのd購入するよりも安くなるのです。