プロポーズ、挨拶…その後のイベントとは?

プロポーズをして、お互いの家に挨拶に行って…、これでいよいよ結婚式の本格的準備に入ることになりますよね。では、次にすることはなんでしょうか。もし、すでにお互いの両親が顔見知りなら省略することもあるかもしれませんが、両家の顔合わせは欠かせません。それは例えば「結納」という形式をとったり、両家が集まって食事会をしたり…近頃はさまざまなパターンが考えられます。それでは、結納と顔合わせ食事会はどのような違いがあり、どのようなことをすればよいのでしょうか。

古来からの作法を受け継ぐ結納

結納とは、結婚する者同士の家が結びつくことを祝い、贈り物を贈りあう儀式です。一般的には新郎の家が新婦の家に結納の品や結納金を納めます。ただ、地域によって物や金額は異なり、新婦側がお返し(=結納返し)をするのか、またその割合についても様々です。その為、異なる地方同士での結納の場合、どちらのしきたりに合わせるのかなど、十分な話し合いが必要です。このように考えると、とても難しく格式ばったようにも思えますが、形式を踏まえることにより両家の結びつきを実感し、これからの結婚生活に向けて確かな決意を示すことができるといえるでしょう。

和気あいあいと楽しむ、顔合わせ食事会

一方で、近頃人気なのが「顔合わせ食事会」です。結納のように儀式的なことはせずに、お互いの両親(場合によっては兄弟姉妹や祖父母)を招待し、レストランや料亭などで婚約披露を兼ねた食事会を行います。かといって、カジュアルすぎるのも禁物。ただ食事をするだけでなく、お互いの親族の紹介や、今後の決意表明、また婚約指輪や記念品の披露などを行うとよいでしょう。また、ホテルのレストランや料亭でも、結納プランと顔合わせプランの両方を用意しているところもあり、比較して検討してはいかがでしょうか。

パールやルビー、ダイヤモンドなど石の種類も様々で相手の好みに合わせて選べるのがエンゲージリングの特徴です。