新婦の手紙に号泣する父親

これは結婚式の定番というか醍醐味というか、多くの結婚式でみられる光景ですね。新婦が産まれててから結婚するまでの、家族との思い出や出来事を手紙にまとめるわけですが、これが特に父親向けに書かれていることが多く、また娘を嫁に出す父親には堪える内容に仕上がっているわけです。もはや父親は号泣です。これにつられて親族ももらい泣き必須となるわけです。なぜ多くの花嫁は、父親が堪える内容の手紙ばかり書くのかは謎のままです。

酔いすぎる親族や友人

結婚式は非常にめでたい席ですので、とてもお酒がすすむ状況です。特に結婚式を通して、久しぶりに再開できる友人や親族にテンションが上がり、お酒を飲みすぎてしまう人はよく見かけますよね。全然関係のない席にまで、お酒を注ぎに回る人もいれば、なぜかカラオケで熱唱しだす人も結婚式の定番といえるかもしれません。特に披露宴などでは、飲みなれたビールなんかの他に、とても酔いやすいシャンパンなども合わせてだされるので、余計酔いやすいかもしれません。

意外とクオリティーが高く盛り上がる余興

結婚式の披露宴で、開始一時間程度の後にはじまるのが余興ではないでしょうか。これは、だいたい新郎か新婦の友人が行うことが多いかもしれませんが、酔っているせいなのか、とてもクオリティーが高くおもしろい事が多いのではないでしょうか。新郎が新婦にピアノを弾きだした場合は失笑ものですが、新郎新婦の友人たちが、わざわざ作り上げた笑いには大爆笑できること必須です。いずれにせよ、良くも悪くも、この余興は一生の思い出になるでしょう。

赤坂の結婚式場に対する関心が高まっています。さまざまなスタイルの結婚式場が見受けられますので、希望に合う挙式が可能です。もしも結婚式場を赤坂で探しているなら、積極的に二人でブライダルフェアに参加しましょう。