事前の準備で変わります

結婚式のドレスはどれがいいかわからないし、試着して適当に決めちゃえばなんて思っていると大変な目に合いますよ。ドレスサロンによっては、あまりにも多い選択肢に訳がわからなくなった!なんてことになります。最低でも、当日に自分がどんなイメージになりたいか、会場の雰囲気にはどんなものが合うのか、着けたいアクセサリーがあるかくらいは考えていきましょう。ドレスの試着は普通の洋服と違い、1着試すのにかなり時間がかかりますよ。

ドレスのラインから考える

ドレスのラインには5つの種類があります。まず最もオーソドックスで上品かつ体型を選ばないAラインです。次に、スカートのエアリー感がかわいいプリンセスライン、腰まではフィットしそこから裾にかけてふわっとしたニュアンスになるマーメイドライン、胸下からの切り替えでスカート部分が多いエンパイアライン、そして全身がしゅっとしたイメージになるスレンダーラインです。見た目と着た感じはかなり違うので、食わず嫌いせすまずは来てみることをオススメします。新たな自分を発見できるかも。

会場の雰囲気と合わせるには?

結婚式なんだから、どんなドレスを選んでもいい!なんて思っているとせっかくのいい思い出が台無しになんてことにもなりかねません。厳かな教会式を上げるならミニ丈や手袋、ヴェール無しはかなり浮いてしまいます。ホテルや大きめの披露宴会場でなら、ライトを浴びたり大勢の中でも目立つようなボリュームがあるものや、キラキラとした素材をつかったものがいいでしょう。レストランやガーデンなどあまり広めの会場でないなら動きまわることも考えて、シンプルなデザインのほうが印象が良くなりますよ。

結婚式を行う際には、演出内容や料金をはじめとした様々な希望条件を満たしたプランを選択することが重要ですが、千葉の結婚式場の場合、様々なプランが用意されているため、納得のいく結婚式を行うことができるのが魅力です。