「ちらし型」と「くし型」とは?

招待状の返事がすべて戻り、出席者の顔ぶれが決まったら、席次表の作成に入ります。結婚式場のテーブル配置で最も多いのは、丸テーブルや四角テーブルをバランスよく配置する「ちらし型」ですが、同じテーブルに座った誰とでも無理なく話ができるので、なごみやすくなりますよ。長いテーブルを配置する「くし型」もよく見られるスタイルですが、多くの人が座れるというメリットがある一方、前と両隣の人以外とは話がしにくいという欠点もあります。「ちらし型」では各テーブルごとに、「くし型」では近い席に、顔見知りの人が座れるような配置にしたいものですね。

結婚式場の席次の基本を押さえておこう!

「ちらし型」「くし型」どちらの場合も、新郎新婦は上座の高砂に並んで座り、その両側が媒酌人夫妻の席になりますね。高砂に近い席が上座、遠くなるほど下座になり、最も遠くて出入り口に近いのが末席ですよ。高砂に向かって左側が新郎、右側が新婦の関係者になりますが、両家の招待客の数が異なる場合は、バランスが悪くなるので無理に分ける必要はありません。一部、座席を混ぜて、バランスよく配置しましょう。自分たちの知り合いだけでなく、両親に関係するゲストもいますから、席次表を作ったら、必ず両親に見せることが大切ですね。

序列をつけない席次もある!

上座と下座を設けたくない場合には、新郎新婦を囲んで、扇形にテーブルを配置する方法もありますよ。誰もが新郎新婦と話しやすい席次ですが、序列はなくなるので、目上の人には事前に話して、了解をとっておく必要がありますね。また、少人数での披露宴の場合には、長テーブルや扇形のテーブルの中央を新郎新婦の席にして、その周りを親しい友人や親族が取り囲むように座るというスタイルを取ることもできますよ。媒酌人を立てない、少人数の披露宴で、人気の高いスタイルです。

ブライダルフェアに参加すれば、予算も規模も理想的な結婚式場を見つけることができますので、積極的に二人で訪れましょう。